忍者ブログ
ガーラ・プレシャス東麻布(赤羽橋)やガーラ木場(江東区東陽)など住環境破壊のFJネクストに反対
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
最新CM
[06/12 CharlesKt]
[06/10 CharlesKt]
[06/08 CharlesKt]
[05/07 tnkridigpy]
[04/09 dufpek]
バーコード
ブログ内検索
P R
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フジテレビ『マルモのおきて』スペシャル

「薫と友樹、友だちの願いをかなえるためにカッパさがしの大冒険 マルモがいつか結婚して子どもができても、薫と友樹のことをずっと好きでいてね」2011年10月9日
高木護(阿部サダヲ)、笹倉薫(芦田愛菜)、笹倉友樹(鈴木福)、ムックは再び共に暮らすことになった。薫と友樹は夏休みを迎え、護は大学の後輩・大輔(林泰文)が経営する山梨のぶどう園に遊びに行く。そこには大輔の子供で、薫と友樹と同じ年頃の兄弟・翔太(矢部光祐)と菜々(清水詩音)もいた。ぶどう園を目の前にして、大はしゃぎの薫と友樹。護も二人の姿を見て喜ぶ。
しかし、彩(比嘉愛未)から、陽介(世良公則)が倒れたと連絡が入る。護はいてもたってもいられず、急きょ子供たちを山梨へ残して東京へ戻る。薫と友樹は不安がったものの、護から「離ればなれでも家族」というおきてを信じて、護なしでのお泊まりを決意する。東京へ戻った護と彩。自宅で一人だったムックは二人の関係を進めようとお節介を焼く。
山梨では翔太と菜々が東京からやってきた薫と友樹にイタズラを仕掛けるしかし、護が東京へ戻っても山梨でお泊まりをすることを決めた双子を見て、仲間になろうと声をかける。そして、4人は「ぶどう戦士パープルフォー」を結成。4人は子供らしく基地を作ったり、花火をしたり夏休みを堪能する。
翔太と菜々の両親は問題を抱えていた。大輔は子供たちのためを思って、子供が小さいあいだは自然に囲まれて、先祖代々引き継いできたぶどう園を家族で守る生活をさせてやりたいと考えていた。しかし、妻の理沙(白石美帆)は、お金のことも含め、進学や就職など様々な選択肢のある東京での子育てを希望していた。
ぶどう園を手伝っていた理沙であったが、最近ではぶどう園の経営もなかなかうまくいかず、以前働いていた出版社から仕事をもらってアルバイトを始めていた。最近では大輔との会話も少なくなり、家族との食事も別にとっていた。翔太と菜々も気付いており、寂しさを感じていた。
4人は、翔太と菜々の祖母・キミからこのあたりには昔からカッパがいて、願いを一つだけかなえてくれるという話を聞く。翔太と菜々の両親が仲良くなれるようにお願いをしに行くことを決意する。

林田力:東急不動産係長が顧客に脅迫電話で逮捕、犯罪者に
http://hayariki.sa-kon.net/
林田力:ブランズ文京小石川Park Frontで近隣住民が工事被害
http://hayariki.x10.mx/
林田力 家康
http://hayariki.ie-yasu.com/

PR

『江~姫たちの戦国~』第39回「運命の対面」

『江~姫たちの戦国~』第39回「運命の対面」2011年10月9日
徳川秀忠(向井理)が第二代将軍となり、江(上野樹里)は御台所となった。しかし、長男・竹千代の世話を福(富田靖子)に独占され、いい気がしない。その後、江は次男・国松も出産する。国松は自らの乳で育てる。竹千代を庇護する福との確執は、深まるばかりであった。
京極家では高次が病に倒れる。初は高次のそばから片時も離れようとしなかった。高次は妻に、ずっと気にかかっていたことを打ち明ける。仲睦まじい夫婦の涙の別れになる。
大坂では淀(宮沢りえ)が怒りに震えていた。京にいる家康(北大路欣也)が秀頼(太賀)に、秀忠将軍就任の祝いに来いというのである。家康の再三の上洛命令に、息子・秀頼の身を案じる淀は、狂乱状態になる。「上洛を強いるなら秀頼を殺し、私も死ぬ」と言い放つ。その淀の抵抗もむなしく、家康と秀頼は対面することになった。

BOOKS: 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 著:林田力 | 教養
http://www12.atpages.jp/hayariki/
東急不動産だまし売り裁判【Books】-林田力|経済・ビジネス
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3640068
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った - 林田力/著
http://makura.chakin.com/

『らんま1/2』が新垣結衣主演で実写ドラマ化:林田力

高橋留美子の人気漫画『らんま1/2』が新垣結衣主演で実写化される。12月に日本テレビ系「金曜スーパープライム」枠のスペシャルドラマとして放送される。実写化が難しい往年の人気漫画のドラマ化に原作ファンの期待と不安が交錯する。
『らんま1/2』は1987年から96年まで『週刊少年サンデー』に連載され、アニメ化もされた。水をかぶると女性になってしまう高校生格闘家・早乙女乱馬を主人公とするドタバタ劇あり、格闘あり、恋愛あり、学園生活ありの盛りだくさんの漫画である。常人離れした格闘や、水をかぶることで異性やパンダやブタ、アヒルになるという超自然的現象実写化には課題がある作品でもある。日本テレビは実写化困難と見られた『怪物くん』もドラマ化しており、原作ファンをうならせる手腕への期待は大きい。
水をかぶると女性になる乱馬は賀来賢人(男性時)と夏菜(女性時)が演じる。『らんま1/2』は女性になった乱馬が無自覚に見せる健康的な色気ショットが満載である。この実写化は難しいものの、映画『GANTZ』で全裸での撮影をした夏菜の体を張った演技に注目である。
乱馬の許嫁の天道あかね役が新垣結衣で、ドラマでは天道あかねを主人公としたオリジナルストーリーになっている。『らんま1/2』が大好きと語る新垣は大いに乗り気であるが、あかねの男勝りの格闘少女と新垣の美少女イメージにはギャップがある。
あかねは乱馬からは「ずん胴」「色気がない」と言われ、料理や裁縫が下手という女性的魅力に欠ける設定である。キャストが新垣では、「ずん胴」「色気がない」と言われても全く説得力がなくなってしまう。他方で、あかねは九能帯刀や響良牙からは惚れられ、主人公の乱馬とも相思相愛のツンデレ関係にあるモテキャラである。連続ドラマ初主演となったフジテレビの月9ドラマ『全開ガール』で私生活では赤ジャージ着用という「イケてない」女性を演じた新垣の新たな一面に着目したい。
この若葉は外面では「イケてる」女性を目指し、自らの高収入と金持ちとの結婚を望んでいた。このキャラクターの固まらなさが『全開ガール』の視聴率低迷の一因であった。これに対して長期連載漫画の『らんま1/2』ではキャラクターは固まっており、『全開ガール』で一歩踏み出した新垣がラブコメを徹底することで、新境地を開く可能性がある。
水をかぶるとパンダになる乱馬の父・玄馬には古田新太。着ぐるみなしで顔に特殊メイクをするだけでパンダとして通用しそうな好キャストである。
あかねの片思いの相手の小乃東風には谷原章介。谷原はNHK BS時代劇『テンペスト』で主人公の一途な思いを寄せる好青年を演じた。ところが、小乃東風は好きな人の前では言動がおかしくなってしまう人物である。爽やかな谷原のイメージをどこまで崩せるか注目である。
驚きの配役は天道家の長女・かすみ役の長谷川京子である。天童家では母親が他界しているため、かすみが母親的存在であるが、19歳である。30代の長谷川京子では年齢的なギャップが大きい。同じ高橋留美子作品『めぞん一刻』も実写ドラマでは当初22歳の音無響子を放送時30歳の伊東美咲が演じていた。高橋作品の大人びた女性には同年代の女優では演じきれない奥深さがある。(林田力)
http://hayariki.net/tokyu
林田力オカルト
http://hayariki.or-hell.com/

美男ですね

カリスマ的な存在感を放っていた韓国版のファン・テギョン(チャン・グンソク)に比べると、廉には子どもっぽいところがある。コ・ミニョ(パク・シネ)を遠くから見守る足長おじさん的なところもあったカン・シヌ(チョン・ヨンファ)に比べると、柊は恋のライバルとして廉と張り合っている。これに対して勇気は最も韓国版らしさを出している
http://www.hayariki.net/pj3.html
【林田力のドラマ見聞録】大河ドラマに続き、『塚原卜伝』もファンタジー時代劇
http://npn.co.jp/article/detail/17691101/
『自殺島』極限状況のサバイバルと内面描写
http://npn.co.jp/article/detail/49736541/
林田力の旅
http://hayariki.misujitate.com/

「天地人」第3回、ラブコメと戦国ドラマ:林田力

NHK大河ドラマ「天地人」第3回「殿の初恋」が2009年1月18日に放送された。「天地人」は戦国武将・直江兼続を描くドラマである。第2回までは子役(加藤清史郎)が中心であったが、この回からは妻夫木聡がメインとなる。
この回はサブタイトル「殿の初恋」が示すとおり、伝統的な大河ドラマには似つかわしくないラブコメ調である。民放の恋愛ドラマで活躍するキャストを揃えただけのことはある。
直江兼続と言えば切れ者というイメージがある。また、その主君である上杉景勝も無口ながら謹厳実直で威厳があるという印象である。両者共に老成した重々しいイメージである。ところが、この回の主従はコミカルで軽い。兼続(与六)は景勝(北村一輝)のためを思って色々と画策するが、全て空回りしてしまう。活躍は場を白けさせた景勝のために田舎踊りを陽気に踊って雰囲気を和ませたことくらいだが、これも智将のイメージとは異なる。
景勝も上杉謙信の別の養子・景虎(玉山鉄二)と比較される冴えない男という設定であった。また、兼続の尻を叩こうとするようなどお茶目な一面も見せている。主従に対する印象が大きく変わる回であった。大人物に成長していく主従を観ていくのが楽しみである。
前2回が泣ける話として感動的にまとめられたのに対し、今回はて笑えるシーンが多かった。また、景勝のシャイぶりに観ていて恥ずかしくなるほどであった。今回登場したヒロイン・お船(常盤貴子)と兼続が結婚するのは御館の乱後で、まだ先である。しばらくはラブコメ調が楽しめそうである。
今回は恋愛要素が強い一方で、戦国大河ドラマとしての要素も健在である。戦国武将を演じる俳優の雰囲気が歴史の教科書に登場する戦国武将の絵と非常に合っている。吉川晃司演じる織田信長は長興寺(豊田市)所蔵の紙本著色織田信長像(狩野元秀作)にそっくりである。
また、阿部寛演じる上杉謙信も熱演している。初回で登場した景虎時代の謙信は目が凛々と輝く豪傑風であった。史実の謙信は家臣同士の争いに嫌気をさして高野山に入ってしまうような繊細なところもあった。阿部謙信からは、そのような弱さは感じられない。一方で今回は法体姿で登場した。この姿は上杉神社(米沢市)所蔵の上杉謙信公像に似ている。阿部謙信は他者から観た謙信の再現と言える。
視聴率が好調と報道されている「天地人」はラブコメとシリアスな時代劇が同居する大河ドラマとして幅広い層に支持されそうである。
http://hayariki.net/tenchi.htm
林田力スポーツ
http://hayariki.kakuren-bo.com/


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne